データに誤りがないかチェックしたり、文字列を比較して処理したり、正規表現など。
あ、正規表現は量が多くなったのでこちらに移動。

文字列の比較

データのチェックをしたり、文字列の長さを調べたり。
strlen()では英字しか正常にカウントできないが、mb_strlen()を使えば日本語も正しくカウントできる。
実行結果を確認するにはこちら

  • mb_strlen()のようにmb_がついたものをマルチバイト文字列関数という

文字列の変換

大文字から小文字、小文字から大文字、逆順、指定文字列だけ表示など。
mb_strtoupper()等のマルチバイト文字列関数を使えば日本語も変換できる。
実行結果を確認するにはこちら

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA