$aが5になるまでなど、条件が満たされるまで処理を繰り返す文。

for文

カウンタ変数を使ってその数になるまで処理を繰り返す。
下の例は
「変数$iを0で初期化→$i<5になるまで$i++を繰り返して画像とアイテム名を表示する」 という処理をしている。
実行結果を確認するにはこちら

while文

for文と同じように条件によって処理を繰り返す。
下の例は
「変数$iを0で初期化、$i<5になるまで商品画像を表示、$++でインクリメント」という処理をしている。
実行結果を確認するにはこちら

  • 条件式の中にインクリメントなどを含めないと永久に処理が継続される。

do~while文

while文と同じように条件によって処理を繰り返す。
違うのは最低でも1回はループ本体を実行するというところ。
下の例は
「変数$iを0で初期化、$++でインクリメント、$i<5になるまで商品画像を表示」という処理をしている。
実行結果を確認するにはこちら

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA